Index Cart Content Us Weibo-AfeiHotel FB-Afei
冬のシライ料理
"シライは屏東の後壁湖漁港から仕入れます。シェフの潘玉龍さんが言うには、台湾シライのシーズンは旧暦新年から夏休み終るまでとなっています。夏にはシライの肉がもっと肥満になります。シライはクロマグロと一緒で回遊魚類になり、この時期はちょうど台湾の東海岸に来ているので、東部以外は最北部の東北角と最南端の恆春半島しか味わえないのです。 シライはそもそも安い魚ですが、肉が柔らかいから焼く、炒める、煮るにしてもOKです。料理の仕方により新鮮な甘い味わいが堪能できます。潘玉龍さんはシライを2種類の料理に分け、白い粉色の刺身、肉は新鮮で滑らか、歯応えがあり、クロマグロのようには脂っこくないが、食べても飽きない一品です。また、黄色マグロの柔らかい食感も感じられます。 更に、潘玉龍さんがこう言う、恆春現地の人々はよくシライの頭と肉を大根干しと一緒に煮込みます。今回新鮮なシライスープを味わったのはこの作り方です。スープは新鮮で味が濃くしょっぱさもちょうどいいです。ただ、肉はエキスがスープに入ったから硬くて乾いていますが、もちろんスープの新鮮な味わいは最高のところになります。。 "
サーフィンレッスン一泊二日
阿飛ショップ本シーズンお勧め、手染服
阿飛サーフキッチン、ライブシング